メインイメージ画像

今までの実績を正しく説明しましょう

以前事務で勤務していて転職の場合も同じ職種でと希望される人は多いのではないでしょうか?その分、採用する側では他の面接希望者と差がつけづらいのかもしれないのでは。転職面接では、担当官は、あなたの経歴を見て、どのような職務を経験しているのかを分かりたいのだと思います。聞かれた場合は、自身の経歴や今まで勤務してきた実績を正しく説明できるようにしましょう。そうして、同じ事務職で、なにゆえ前の会社を辞める事になったのかまた同じ職種で転職をするのを決めたのかも、回答できるようにしておく事がだいじでしょう。事務職は経験した人が多いので、その力量に差ができてしまう職種でしょうね。

雇用する側は出来るかぎり優秀でいて経験している人を採用するでしょう。自分のキャリアをしっかりとアピールしていきましょう。

あなたは、自身の長所、短所を把握できているでしょうか?転職のための面接で聞かれる質問の項目に、長所・短所を聞いてくる場合も少なくありません。担当者にとってはこの質問によって自身のことをどのくらい把握しているか分かると思いますよ。

それなら、よりよい印象を与えるにはどう返答すればよいでしょうか?まずは、長所は、仕事に関して答えるのがいいです。長所は明るい性格です。ではなく、例えば接客の時、いつでも明るく対応できます、といった感じになります。短所を述べる時は正直に。

だけれども、悪い印象をもたれないように、短所をあなたはどのようにして改めているのか。例えば、うっかりミスをしてしまう、しかし、そうならないように、繰り返し見直すよう、日頃から気をつけています。この言い方なら、短所の話をしても、ポジティブなイメージで終わることが出来ますね。

更新情報