メインイメージ画像

診療所は自治体の検診など日本の医療に貢献しています

医療施設の一つに診療所がありますが、日本の医療における診療所とは、診療所内に患者を収容する為の入院設備を有していない、もしくはベッドの数が19床以下の医療施設のことを指します。

日本における医療のカテゴリーとしての診療所は、病院、医院、そして診療所という分類の中では、病院という名称をベッドの数が19床以下である診療所は使用できないという制限のみで分けられているので、医院を診療所と呼んでも別に差し支えが無く、逆に診療所を医院と称しても日本の医療における名称としての分類上の問題はありません。

言い換えると、日本の医療機関としての医院と診療所は、同じジャンルに属する医療機関ということになります。

ちなみに日本の医療で認められている病院とは、病院内に患者を収容する為の入院施設を有しており、なおかつベッドの数が20床以上の医療施設のことを指します。

日本の医療機関における分類で上記の病院という名前と医院、診療所、またクリニックなどをはっきり分けるのは、患者を収容するにあたり入院設備を保有していて尚以てベッド数が20床以上であるかという基準で、病院とその他医療機関である医院、診療所、あるいはクリニックなどの医療施設の2種類に大きく分類することが出来ます。病院とその他の医療施設である医院、診療所、クリニックの間には患者を入院させる施設が有るかどうかやベッド数が20床以上有るかどうかの差異がありますが、その他の医療施設として扱われる医院、クリニック、診療所には明確な違いはなく、医療機関として認識出来る名前であればこれらの医院、クリニック、診療所のどの名称を使うのも自由です。



日本の医療における診療所の位置づけは超高齢化社会に突入した日本では非常に重要な部分を担っており、街中にある街の診療所で診察を受けたことがきっかけで早期ガンなどを発見することが出来るなど、街の市民の健康を守る医療機関としての診療所に注目が集まってきています。診療所は自治体銘々の無料検診の実施機関に指定されていることも多く、自治体が行っている無料検診を、診療所で受ける人も増加しています。

更新情報